人生今後とも楽しく生きるための糧


by sinsama2
カレンダー

<   2005年 06月 ( 34 )   > この月の画像一覧

 皆様のご要望に答えまして、カテゴリーを「ルイ君シリーズ」として、独立しましたよん♪しっかし、毎日のアップは、大変ですなー

 たまには、適当にサボリますので、よろしくお願い致します。「ルイ君」のどアップ画像であります。

 最近、噛みつくようになりましたがねー ムカッ!・・・・・

b0062214_23314391.jpg

[PR]
by sinsama2 | 2005-06-30 23:31 | ルイ君シリーズ
 ホント、ここのところ一気に暑くなってきました。連日の真夏日更新であります。梅雨の時期なのですが、小生の住んでいる「東海地方」は、雨が少ないです。福岡では、すでに「渇水対策本部」が立ちあがっております。

 水不足は、大変な深刻な問題です。普段、何気なく使用している「水」が、いかに大切かは、このような状態にならなければ、判らないものであります。
 あちらこちらの「ダム」の水も、底をついてきております。雨は、ぼちぼちと降ってもらいたいものであります。

 数年前の「東海豪雨」のような、集中豪雨だけは勘弁して欲しいものであります。今は、新潟が大変な状態!地震でやられて、豪雨でやられて、往復ビンタ状態。早期の復旧がなされることを祈る次第であります。

 ところで本日、暑い中でありますが、仕事先での工事着手前の土地管理としてのお仕事・・・
「草刈」をして参りました。草刈機を使用した経験がありませんので、鎌でやっておりました。
さすがに、汗がボトボト状態で、はたまた、脱水状態であります。これからの季節、苦情が入り次第、「草刈」の仕事が増えそうですワイ!

 とっても、くたびれましたです・・・・・・orz
[PR]
by sinsama2 | 2005-06-30 23:23 | その他ボヤキ等

2005.6.29 今日のルイ君

 我が家の奥様より、毎日「ルイ君シリーズ」をUPしなさい!との、ご命令が下りました。

 「冗談じゃないワイ!そんなら、自分のブログを作ればいいのに・・・・・ブツブツ」・・・・・・・・
奥さん曰く「何言ってんのよ!あなたみたいにヒマじゃないのよ!」

 「良く言うワイ!今、マンガ見てるんじゃないか!・・・・・・ブツブツ」・・・・・・・・・・・
「何んですって!」・・・・「いえいえ・・・・ブツブツ」・・・・・・

 しょうがねーなー ルイ君、小生の頭に乗ってまんねん!^^!

b0062214_23513586.jpg

[PR]
by sinsama2 | 2005-06-29 23:51 | ルイ君シリーズ

2005.6.29 一夜漬け

 一夜漬けといえば、小生も、高校や中学の試験前にやってましたです。中2の娘が、ただいま期末試験の、真っ最中であります。帰宅しましたら、娘曰く「父ちゃん!社会のテストで、江戸時代の五街道を書く欄に、東海道って書いてまったわー」でした・・・・・

 結果は、あまり期待できませんなー 今でも、必死こいて、ごそごそ勉強してますわー
父としては「10日ぐらい前から、計画を立てて、試験勉強セイ!」と、いつも言うのですが、したためしがないですワイ!
 親の血は、争えませんなー  トホホ・・・・・・・

 ところで、五街道を全て記載しなさい!という、問題が出ましたら、皆様、ちゃんと書けますか?
 小生は、一応、書けますよん♪

 東海道、中山道、奥州街道、甲州街道、○○街道・・・・・ですよん♪
[PR]
by sinsama2 | 2005-06-29 22:58 | 家族

2005.6.28 今日のルイ君

 おうちにやってきて2週間達ました。
 今日の体重80グラム・・・減ってなくてホッです!(-_-;)
 
 来た日~お散歩ルイ君は、好奇心一杯のようです。(^_-)
でも、肩に乗ったらズート離れない甘えん坊さんでもあります(~o~)

b0062214_23443834.jpg

[PR]
by sinsama2 | 2005-06-28 23:45 | ルイ君シリーズ

2005.6.28 帰りの光景

 今晩も、昨日よりは少し早めでしたが、残業して、職場最寄の駅のプラットホームで、電車を待っておりました。「今日も疲れたなー」てな具合であります。

 すると、反対方向の電車が到着!降りた男女のお客が、なにやらもめておりました。男性は30代前半ぐらいでしょうか、駅員さんに向かって「こぶしで殴られました。満員電車だったので・・・・・ この人、興奮してますので・・・・電車の中のお客さんに、迷惑だから降りろ、と言われたんです。」と、言っておりました。

 どうせ、女性のお尻でも触ったのだろうなー なんて、思っておりましたが、20代後半ぐらいの女性が「うるせーんだ!家に帰りたいんだ!」と、叫んでました。駅員さんが「まあまあ、別の部屋に・・・」と言って、連れていきました。

 何があったのかは、不明でありますが、小生から見て、「触りたいなー」と、思える女性ではなかったんですわー

 とにかく、混んだ電車の中では、出来るだけ女性には近づかないようにしよう!と、つくづく思った次第であります。
[PR]
by sinsama2 | 2005-06-28 22:57 | その他ボヤキ等
 最近のインコシリーズでありますが、オカメインコの「ルイ君」ばかりでありまして、セキセイインコの出番が少なくなっております。

 マイペースの「プーちゃん」ではありますが、久しぶりの単独登場であります。この子だけは、「ルイ君」が人の肩に止まっていようが、お構いなしに寄って参ります。

 久しぶりの出番だワイ!^^!

b0062214_0141675.jpg

[PR]
by sinsama2 | 2005-06-28 00:14 | インコシリーズ

2005.6.26 忌野清志郎

 忌野清志郎さん、今年になりまして、音楽活動35周年を迎えております。思い起こしますと、RCサクセション時代には、数回コンサートに行きまして、昨年もいつも同行してもらっております友人と、久しぶりに行ってきております。

 しっかし、この方、相変わらずの「ど派手」のライブでありまして、一応客席が用意してあつても、ライブが始まるや否や、全員総立状態であります。2時間以上も、立ちっぱなしの状態には、オヤジとしてはかなり辛いものがあるんですが、お客を乗せるのが上手なんです。楽しめますワイ!

 小生は、昔の「雨上がりの夜空」が大好きでありまして、過激なボーカルの割には、歌っている詩が、とてもいい感じのものが多いんであります。

 最近でのライブメンバーは、忌野清志郎(VO)、三宅伸治(G)、中村きたろう(B)、厚見玲衣(Ky)、宮川剛(Dr)、梅津和時(Asax)、片山弘明(Tsax)、渡辺隆雄(Tr)という、豪華なメンバーでツアーを回っておるようです。
 メンバーの中では、梅津さん好きですー 昔から一緒にツアーに参加してました。梅津さん、Jazzの方でも、かなりの実力をお持ちなんです。

 かなり最近のアルバムですが「KING」というアルバムを、昨年入手しております。

b0062214_143409.jpg


 おもしろい歌が結構入ってるンです。

 例えば・・・・・「玩具(おもちゃ)」
    俺は君のオモチャ 遊んであげよう
    とても素敵なオモチャ 楽しませてくれる・・・・・

 「HB 2B 2H」・・・・・これも面白いんですー
    HB あいつはHB 鉛筆野郎さ HB
    HなBだぜ HB
    2B あいつは2B お兄さんだな 2B・・・・・てな具合で続きます

    あと、「モグラマン」てな、題名の歌もございます! 
[PR]
by sinsama2 | 2005-06-26 14:13 | 映画・音楽
 博覧会協会のやり方が大変えげつないのであります。最近の新聞紙上で、「愛知万博」の跡地の問題が、かなりクローズアップされてきております。新聞等のメディアに対して、いきなり、博覧会後に、「さつきとメイの家、迎賓館、グローバルループ、などなど」を残すよう、愛知県知事に要望する!」との報道がされております。

 博覧会協会とは、正式名称は「財団法人2005年国際博覧会協会」という名前の団体であり、トップの会長は「豊田章一郎氏」を据えておりますが、部長以上の幹部は、経済産業省などの国の官僚(キャリア)で占めており、実務をしている下っ端の職員は、愛知県、名古屋市、地元の市の職員及び、中部電力、トヨタなどの民間企業からの派遣されている方が働いております。

 元々、長久手会場について、博覧会後には都市公園として整備し、事業主体であります、愛知県としては、昨年より「21世紀にふさわしい公園づくり検討委員会」を発足させて検討している最中と紙上にも記載されております。

 博覧会の施設については、元々「仮設物」であり、博覧会後には、全て撤去すると、聞き及んでいるのですが、今になって、少しでも撤去費用を浮かそうとして、メディア発表を先行して、世論を味方につけようとの画策であります。高級官僚の考えそうなことであり、きわめて汚いやり方であります。

 「さつきとメイの家」については以前でありますが、すでに、全国の自治体からオファーがあると紙上にも載っておりました。これは、オファーのある自治体への完全なる無視をした行為であり、許されざる事柄であります。また、スタジオジブリの意見を反映しているとも思われません。

 また、グローバルループなんぞ、博覧会開幕草々から、間伐材での木製デッキに、次から次へと穴があいたり、亀裂が生じたりしたとの話題が出ておりました。後々、何十年も維持管理しなくてはいけません。人命にもかかわることであります。そのような、いい加減な施設を、いくら無償とは言え、受ける必要は無いと思われます。

 これらのような施設を残すことにより、大変な維持管理費用が膨大となるのであり、愛知県という大変に財政難の自治体に押しつける行為は、許されないことであると考えられ、ひいては全て住民の負担増に結びつくことになるのであります。これは、非道な押しつけ行為にほかなりません。

 愛知県庁で、この職務に振り回されている方々に、エールを送るものであります!
[PR]
by sinsama2 | 2005-06-25 19:23 | 時事ネタ
 NHKで、中村元先生がお話した内容を、田辺祥二氏が書き現した本であり、NHKブックスが出版しております。

 今回は、「悪魔の出現」という内容なんですが、ブッダは出家してから6年後に、悟りを開いたとのことであります。いわゆる、菩提樹の下での悟りなんですが、皆様ご存知だとは思います。

 ブッダの出家修行は、苦行を自らに課すことから始まっております。当時の出家者は、人里離れた所て゜、苦行をすることが大切であったようであります。当然、苦行をしているのですから、心や肉体には、さまざまな誘惑が忍び寄って参ります。

 ブッダが、悪魔の誘惑や脅しと、どのように対応したか、初期仏典「スッタニパータ」には、以下のように、記載されている、とのことでありまする

 ネージャンラー河の畔にあって、安穏を得るために、つとめはげみ専心し、努力して瞑想していたわたくしに(悪魔)ナムチは、いたわりの言葉を発しつつ近づいてきて、言った「あなたは、痩せていて、顔色も悪い。あなたの死が近づいてきた。あなたが、死なないで生きられる見込みは、千に一つの割合だ。君よ、生きよ。生きたほうが良い。命があってこそ、もろもろの善行をなすことが出来るのだ。あなたが、ヴェーダ(バラモン教の経典のこと)学生としての清らかな行いをし、聖火に供物を捧げてこそ、多くの功徳をを積むことができる。(苦行に)身をやつれさせたところで、なんになろうか。つとめ励む道は、行きがたく、行いがたく、遠しがたい。」

 このように、悪魔は実に巧妙に近づいて参ります。命がけの修行をしている、ブッダに対してであります。

 著者曰く「当時、ブッダは伝統的なバラモン教の行法とは異なった道を歩んでいました。したがって、自分の行法より古来行われてきた、バラモンの行法が、権威があったわけです。そこで、自分の独自の行より、バラモンの供犠の行が正しいのではないかと、逡巡したのも無理からぬことであります。」と・・・・・・

 確かに、命がけの極限状態になりますと、さまざまな誘惑に駆られるようです。小生なんぞ、普通の生活していても、「誘惑」に弱い!ですわー

 次回は、決然として、悪魔の誘惑を退ける、ブッダの姿を記載致します。
[PR]
by sinsama2 | 2005-06-25 09:33 |