人生今後とも楽しく生きるための糧


by sinsama2
カレンダー

<   2004年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 今朝は寒いな~と思ってましたら、外は雪・・・・・寒い分けですわ~

 下の写真は、我が家から隣の大邸宅のお庭を写したものです。我が家の敷地は50坪しかございません^^

b0062214_1154317.jpg

[PR]
by sinsama2 | 2004-12-31 11:55 | その他ボヤキ等
 今年を振り返りますと、正月早々から「スティービーワンダー」のライブに行くことができ、家の近所に「サラーム」というライブハウスが新しく開店されていたことも知ったこともありまして、いや~ライブに例年も無いほどのライブを体験することができました。個人的には良い年であったかと思います。

 そして、ブログを開設してから、新しくいろいろな地域の方々とも知り合うことが出来ました。感謝、感謝でございます。昨日でございますが、このブログを開設することを勧めていただきました、通称「一郎兄上・伊勢市のぼうがいっぽん、という西洋料理店のシェフ兼マスター」が、お店の大掃除を済ませて、小生が住んでいます四日市の「サラーム」にライブを見に行きます、というメールが入りました。

 他ならぬ一郎兄上、小生も「サラーム」まで駆けつけた至大であります。昨夜は、ビートルズのコピーバンドのTHE Mersey Beat Friendsという、地元のバンドでございました。

 昨夜は、ビートルズの「ホワイト・アルバム」を中心にして演奏しておりましたが、小生はビートルズ世代よりも下でありましたので、有名な曲しか知りません。聴いたことのない曲のオンパレード、最後の3曲は、「イマジン」を始めとした、良く知っている曲でしたので、一緒にくっついてきました、中一の娘も知っているようであり、やっと盛り上がってきたような感じが致しました。

 カメラを持参していくことを忘れましたので、小生のピントのボケた携帯画像で失礼!

b0062214_11405848.jpg


 なお、ベースとピアノを担当されていました、坂倉さんの娘さんが、キーボードを担当していまして、我が娘と同じ中一とのこと、通っておられる中学も娘の隣校とのことでした。
 それを聞いて、我が娘、スゴイナ~・・・・

 
[PR]
by sinsama2 | 2004-12-31 11:44 | 映画・音楽
 昨晩から、従姉妹の「ウシちゃん」家の娘さんが、我が家に泊まりで遊びに来ています。普段は、男女比率が2対2の同率なのですが、ここのところ二晩は、女性が多い我が家となっています。

 我が家の娘と、1歳年下だけですので、娘が二乗したような状態!夜もいっしょのお布団で寝ていました。まあ~賑やかですわ~

 小生と、お兄ちゃん、目が点です・・・・・・・

 仲良く、テレビ見てます!


b0062214_21212772.jpg


 小生の携帯画像、ホントに精度が悪いですわ~
[PR]
by sinsama2 | 2004-12-29 21:23 | 家族

2004.12.29 魂の叫び!

 遠くに住んでる友人から、魂からの叫びが今朝届きました。癌と戦いながら歌い続けていた、スーパー・ソウルシンガー「KOUTARO」さんのアルバムです。この方は、ついこの前の12月15日に、劇症肝炎を併発して亡くなられました。

 「瑠璃色の地上」という歌が一番始めに出てきます。テレビで一度だけ聴いたことがあるのですが、今改めて聴いてみますと、コウタローさんの思いが、じ~んと心に響いて参ります。そして、詩がとってもいいのです!まるで今天から唄っているような感じさえします。

*****************************************************
 瑠璃色の地上(作詞、作曲コウタロー)

 風に吹かれて 流れる雲
 地上では 想い出 かさねながら
 この世のすべての命が
 未来へと 絶え間なく ふりそそいでる
 飛んで行くように 過ぎた日々で
 出逢った人 すべてに花を送ろう

 瑠璃色に輝いた地上 草花は咲き乱れ
 生命の限り強くあれ 一輪の花

 僕らの唄が聞こえるよう 天に届けよう
 君のちからになれるのなら歩き続けよう 

 夢色 吐息 君の涙
 こわれそうな心を 抱きしめて眠れば
 生きていることを刻むように
 弱くても キズついても 歩き続けよう
 あふれる思いを 人は胸に抱いて
 赤い血潮の 花が咲く

 瑠璃色に輝いた地上 草花は咲き乱れ
 生命の限り強くあれ 一輪の花

 僕らの唄が聞こえるよう 天に届けよう
 君のちからになれるのなら歩き続けよう

*******************************************************

 聴きながら、これを打ってますが、とってもじ~んとして、どう表現していいかわかりません。

 
b0062214_1212769.jpg

 
[PR]
by sinsama2 | 2004-12-29 12:11 | 映画・音楽
 本日は、つかのま間の開放感に浸っております。なにしろ、一年にたったの一度だけの「仕事納めの日」。6日間の休みで、アッという間に仕事始めが来てしまうのですが・・・・・・・

 ということで、今日は非常に気分が良いため、2つもアップさせていただきました。久しぶりに、小生が日本で一番好きなシンガー、「上田正樹さん」の1999年9月に発売されたアルバム「HANDS OF TIME」を紹介致します。

 このアルバムの中の、HANDS OF TIME は、韓国で当時視聴率30%をマークしたドラマの主題歌にもなり、アルバムとしては、日本、韓国、台湾で同時リリースされ、奥様がプロデュースされた1枚とのことであります。

 歌には、しっかりとソウルがこもっており、日本を代表するソウルシンガーの実力を示していると思う至大であります。

  ******************************************************

  HANDS OF TIME

1 Dolphin Blue
2 Eye In The Sky
3 Memories Of You
4 Goin' Home
5 Interlude
6 Hands Of Time(この曲いい感じです)
7 You Belong To Me
8 Song Of Love
9 Our sad love song
10 My One Only "O"
11 Let It Shin
12 Hands Of Times(日本語版)
13 You Belong To Me(日本語版)

  ******************************************************

b0062214_2329172.jpg

[PR]
by sinsama2 | 2004-12-28 23:30 | 上田正樹さん

2004.12.28 天敵!

 我が家の「インコ」ちゃん達の天敵、娘であります。インコよりすばしっこいため、すぐにとっ捕まえ、ニギニギして「きもちい~」と、のたまわっているのであります。

 そんなことするから、娘の声がするだけで、インコちやん達、ビクッ・・・・・の状態!

b0062214_2157365.jpg


 このような状態で、「ペン太君」なすがままで、声もあげれません。小生が「いじめるな!」とたしなめて、やっと解放。
 小生のとこまで、逃げてきます。

b0062214_2203265.jpg

[PR]
by sinsama2 | 2004-12-28 22:00 | インコシリーズ
 昨日は、インド洋沿岸で、20世紀始まって以来最大級の大津波が押し寄せ、死者が14000人以上とも報道されています。

 これが、日本で発生したと思いますとぞっとしています。台風による高潮と津波とは大違いといわれております。高潮は波の部分の水の容量に比べて、津波は地震に伴い、海面が「ググット」持ちあがり、広範囲の持ちあがった海水が、そのまま陸地へ押し寄せるものと聞いております。したがいまして、陸地に押し寄せる海水の容量ときたら、高潮とは比べ物がないぐらいの容量であります。

 インド洋では、この津波の高さが6m~10mとのこと。近所の海岸堤防の高さは10m以上ありましたっけ?何か恐ろしい感じが致します。

 国土交通省河川局海岸室のHPよりデータを確認しましたところ、三重県伊勢市の海岸延長が、10118mであり、全てが津波に対する想定津波高をクリアしているようです。「想定津波高」とは、東海、東南海、南海地震を想定した津波の高さとのことであります。

 しかしながら、海岸堤防の耐震化のデータとしては、耐震化不要延長2389m、耐震化対策必要延長955m、残りの大部分は、自然海岸及び調査未了延長なのであります。

 このような、被災が無いことをただ祈るばかりであります。
[PR]
by sinsama2 | 2004-12-27 21:05 | 時事ネタ
 本田竹廣さんと言えば、地獄から2回も這い上がってきたミュージシャンと聞いております。なにしろ、脳出血で2回も倒れ、その都度想像を絶するリハビリを乗り越えて現役復帰を果たされ、活躍されているとのことであります。このような素晴らしい人を目の前に見ることができ、感激を致しました。

 演奏といえば、とても力強いピアノのタッチでありました。本当に、半身が不自由とは全く思えないような演奏でございました。ただ、ただ、びっくりの連続でした。

 演奏曲目は、小生でも理解できるスタンダードナンバーの「ステラ・バイ・スターバイト」「ジョージア・オンマイマインド」等、ブルージーな曲や楽しくて踊り出したくなるような曲の数々でありまして、堪能致しました。

 また、ニューアルバムが「ふるさと」というアルバムでありまして、「荒城の月、夕焼けこやけ、月の砂漠、ふるさと」といった、日本人が昔から親しんできました懐かしい曲を、Jazzにまとめ上げております。懐かしい童謡などが、Jazzのアドリブに変化していく様が、あまり違和感なく聴くことができた次第であります。

 下記の写真は、席が一番後ろであったため、写りが悪いのですが、お許し願います。

 本田竹廣さん  ピアノ

b0062214_0305938.jpg

[PR]
by sinsama2 | 2004-12-26 00:35 | 映画・音楽
 息子が少々風邪ぎみのため、大事をとってかかりつけのお医者さんへ連れていきましたところ、途中とてもいい景色でした。

b0062214_13132069.jpg

[PR]
by sinsama2 | 2004-12-25 13:13 | その他ボヤキ等
 今晩は、従姉妹の「ウシ」ちゃん家にお邪魔しまして、ささやかなクリスマスを過ごさせていただきました。

「ウシ」ちゃん宅にいる、可愛いインコの「ハッピー」ちゃん、「メス」の真っ白なインコです。

b0062214_002644.jpg
 

もう一匹いました!ワンコの「ユキ」ちゃん。このワンコもなぜかメスのようです。

b0062214_02813.jpg

[PR]
by sinsama2 | 2004-12-25 00:02 | その他ボヤキ等