人生今後とも楽しく生きるための糧


by sinsama2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:映画・音楽( 324 )

 ブルースハープの魅力にはまったのが、ここ4~5ヶ月程度であります。通称?ウイピングハープ妹尾と呼ばれておるようでして、小生も昔から名前だけは存じ上げておりました。日本一のハーピストだそうですね!

 小生、この年になって、何を血迷ったか、ハープを購入して、初心者教則本も購入して、プープーやっておりました。ここのところ、3週間完全にさぼっております。
 なにしろ、「フェイク」という、やっかいなテクニックの壁に突き当たり、一歩も進まない状態であります。まあ~楽譜も全く読めないオヤジ、子供達にマニアックオヤジと白い目で見られております。

 そうこうしているうちに、近所の楽器屋さんで、妹尾さんの「ブルースハープの常套句」という、教則ビデオを発見!やった!とばかりに、衝動買いしてしまったのですが、これがまた上級者用ではあ~りませんか。小生では、10年過ぎても、足元にも及ばないと悟ってしまったのであります。

 しかしながら、このビデオ、いきなり、妹尾さんと則武さんの演奏「His eye is the sparrow」で、背筋に電流がビリリと来ました。そしてそして、最後の吉田ユーシンさんとのデュオ演奏がこれまたすばらしいのであります。Jazzスタンダードでよく聴く、Summertimeでありました。MJQ、ジャニスの「サマータイム」も最高ですが、これもまた最高でありました。

 ということで、アマゾンで8月に注文して11月にやっと届いた、妹尾さんのセカンドアルバム「ブギ・タイム」を一つ紹介致します。

いっしょに、演奏しているメンバーがこれまた凄い!G渡辺加津美、元ハッピーエンドの鈴木茂、元サウスの中西康晴、などなど。そして「泉谷しげる」まで参加しているとはびっくりでありました。

1 BOOGIE TIME(なかなか乗りが良い感じです)
2 Everrybody s Stoned
3 TAKE ME IN
4 HUNGRY CATS 1
5 TRAIN S COMING
6 IT MAKES ME CRY(このVOお気に入りです)
7 YOUR LIFE AND MY LIFE
8 FEELIN BLUE
9 HUNGRY CATS 2
10 ROCKIN CHAIR(しっとりして最高のソロです)

 今週の土曜日に、伊勢の「ぼうがいっぽん」さん、で妹尾さんのライブがあり、初めて実物を堪能してまいります。楽しみです!

PS「ぼうがいっぽん」さん、とても料理がおいしいです!

b0062214_21531875.jpg

[PR]
by sinsama2 | 2004-12-09 21:54 | 映画・音楽
 今日は、久しぶりのアルバム紹介と参ります。昔の映画「ビリー・ホリディ物語」という映画があったような気がします。とても良い映画だったとのこと!でも、見たこと無いのですよ。
レンタルビデオ屋さんで探してはいるのですが、見たことなしです。

 ということで、小生が保有している「ビリー」のCDは3枚ですが、なんといっても 「Lady in Satin」が一番、じ~んときます。「ビリー」の最後のアルバムと言われております。

 この頃の彼女は、身も心もボロボロ状態だったそうですが、それでも「自分は歌うことでこの世に存在する!」という心情のもと、聴いておりますと必死に歌っているような情景が目の前に浮かんできます。(見たこと無いのにね~)

 声はかすれて、往年の面影なし、途中で声も途切れるような個所もありますが、彼女の思いが「ひしひし」と伝わってきます。

 Lady in Satin

1 恋は愚かというけれど
2 お願いだから
3 恋を知らないあなた
4 あなたなしでも暮らせるわ
5 フォー・オール・ノウ
6 コートにすみれを
7 心変わりしたあなた
8 イージー・トゥ・リメンバー
9 バット・ビューティフル
10 不幸でもいいの
11 アイル・ビー・アラウンド
12 恋路の果て
  以下ボーナストラック   (写真はどうしても光の反射で失敗します)

b0062214_1933798.jpg
 
  
[PR]
by sinsama2 | 2004-12-05 19:08 | 映画・音楽
 今回は、ちょっと知らない人は全く知らないという「タック・アンド・パティ」をご紹介致します。ご夫婦で、ライブ活動など行っておりまして、ボーカルで「パティ」さんが歌い、生ギターで夫の「タック」さんがバックで演奏しています。

 ボーカルの「パトリシア・キャスカート・アンドレス」さん、なかなかソウルフルな歌声しています。なかなか、ええ感じであります。
 Gの「タック・アンドリュース」さんは、元々クラッシックG→ジャズGを手がけていたようです。彼のギターテクニックがこれまた凄い!アコースティックG、1本で「ベースライン・リズムライン・メロディーライン」を一度に弾いてしまうという、凄腕であります。ライブに行ったことのある方にお話聞いたことありますが、後ろの見えない所で、もう一人弾いているのでは??と思わずにはいられないそうです。

 下のアルバムは「ベスト版」ですが、タック自身のアルバムも出しているとかで、一度聴いてみたいと思います。

1 ティアーズ・オブ・ジョイ(彼らのデビュー作)
2 タイム・アフター・タイム(ご存知、シンディー・ローパーのヒット曲)
   この曲は、ライブの最後に必ず、客席と一体になって皆で歌うそうです
3 砂のお城/リトル・ウィング(ジミーヘンドリックスの名曲をミックスはた曲)
4 ベター・ザン・エニシング
5 テイクス・マイ・ブレス・アウェイ
6 哀愁のヨーロッパ(これも、ご存知サンタナの名曲)
7 ドリーム
8 ラブ・イズ・ザ・キー(オリジナルでボーカルとGの絡みが凄い!)
9 シッティング・イン・リンボ(映画カハータ゚ー・ゼイ・カムでの挿入歌)
10 スウィート P(タックのソロ テクニックが凄い)
11 ラブ・ウォーリアーズ(パティのオリジナル)
12 アズ・タイム・ゴーズ・バイ(映画カサブラナカの挿入歌)
13 ザ・ヴードゥー・ミュージック
14 カンタドール(ブラジリアン・バラードのカバー)

彼ら、ブルーノート名古屋で、年明けの1月にライブがあるようです。

b0062214_16495862.jpg

[PR]
by sinsama2 | 2004-11-28 16:49 | 映画・音楽
ちょうど今、NHKで「夢音楽館」で、忌野清志郎さんがでています。
今年の1月後半に、名古屋ダイヤモンドホールでほんとうに久しぶりに見に行きました。
ほとんど10年ぶりでしょうか、ライブ開場に入ったら、イスは全く無し!
3時間ず~と、おしくらまんじゅう状態でございました。

当時は、key「ゴン太2号G2」、G「仲井戸麗市」、そしてサックスは「梅津和時さん」というおもしろいメンパーでした。梅津さんは、今日もいっしょに演奏しています。
清志郎チャンを見てると、とても元気が出ます!!

いつまでも、頑張ってもらいたいミュージシャンの一人です。
[PR]
by sinsama2 | 2004-11-11 23:43 | 映画・音楽