人生今後とも楽しく生きるための糧


by sinsama2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:映画・音楽( 324 )

 我が四日市でも、今年から「JAZZフェスティバル」ものが開催されまして、本日、奥さんと二人で行って参りました。大阪の高槻で開催されております、ジャズストリートには、ほぼ、毎年行っておりますが、さすがに、規模と集まったお客さんは、高槻の1/3程度ぐらいでしょうか。

 それでも、開催にこぎつけることが出来たことは、実行委員をされていた方々のご苦労の賜物だとつくづく思っております。あいにくの雨天でございましたが、暑い演奏が各所で行われておりました。
 いつも、よく通っております、近鉄四日市駅付近の、会場であります。

b0062214_1827167.jpg


 四日市の繁華街でございます、諏訪アーケード街の一番街特設会場ではねビッグバンドの演奏が派手に賑やかさを出しておりましてございます。

b0062214_18295710.jpg


 会場としましては、屋外ばかりではございませんでして、日頃、音楽を届けているお店であるとか、ホテルのロビーなどでも演奏をしております。
 四日市プラトンホテルでは、三重出身の若いバイオリニストでございます、北床宋太郎さん率いるメンバーでの演奏がされておりまして、ソファーにゆったりと座りましての、軽やかなヨーロピアンジャズ風の音色を楽しむことが出来ましてございます。

 画像が悪いところですが、演奏は素敵でございました。

b0062214_18344652.jpg


 そして、今回の一番の目的でございます、お友達の古立亮子さんが松阪からお見えになりまして、ライブハウスの「VEEJAY」という箱でのライブでございます。この亮子さん、オカメインコがご縁で、親しくさせていただいておりまして、お若い頃は、北海道札幌のライブハウスなどで、あの、大橋純子さんと一緒に歌われていたとか。。。。

 今では還暦も数年過ぎられておりますが、相変わらずお元気でジャズボーカルを精力的になされておられます。今回も、いつも一緒にされております、成瀬順一さん(ハモンドオルガン)、トビー前田さん(ギター)、荒木淳二さん(ドラムス)でございます。

b0062214_18491852.jpg


 成瀬さんは名古屋では、オルガンバーを経営される傍らで演奏活動をなされておりまして、ジミースミスを髣髴させられるような黒い演奏をされております。また、トビーさんは、単身アメリカのシカゴでブルースの修行をされておりまして、シカゴブルースの巨匠でございます、「オーティス・ラッシュ」のお弟子さんでもございます。荒木さんは、ジャズ、ボサノヴァ、サルサなんでもござれの器用なお方であります。

 亮子さん、相変わらずお元気な歌声で、ルート66など、5曲ほどを披露してくださいましてございます。
久しぶりの音楽日和の雨天での日曜日でございました。

 (^。^)y-.。o○

b0062214_1849663.jpg

[PR]
by sinsama2 | 2012-10-28 18:49 | 映画・音楽
 我が町四日市でも、JAZZフェスティバルが行われるとは、最近気が付きましてびっくりしております。四日市市文化会館30周年記念事業のひとつとして四日市市の中心市街地を会場に開催するとのことでありまして、10月27日が前夜祭、28日の日曜日が本番でございます。

 小生、土曜日の前夜祭と当日の午前中は、町内会の関係で、またしても、行けませんが、日曜日の午後ぐらいは、なんとか楽しみたいと思っておりやす。

 28日の15時には、ビージェイにて、お友達の亮子さんが出演されますので、久しぶりにお顔を拝見したいものでございます。

 さすがに、毎年行っております、大阪の高槻ジャズフェスティバルほどの規模はないようですが、メイン会場も、市民会館を使っておりまして、ゲストミュージシャンもお見えになるようなのであります。

(^。^)y-.。o○

b0062214_850449.png

[PR]
by sinsama2 | 2012-10-08 08:50 | 映画・音楽
 連日、すさまじい猛暑が続いております。夜になりましても、全く涼しくんりませんなぁ~

 昨夜、近所のサラームまで、涼みがてらライブに行って参りました。

 森久子さんという、名古屋で活動されております、ボーカルの方に、後藤浩二さん(P)、日影修さん(B)、則武諒さん(Dr)の編成でございました。ピアノの後藤さんは以前から拝見しておりまして、好きなピアニストの方でございます。ジャズのミュージャンの方で、音楽活動だけで生活の糧を得られておられる数少ない方だと聞き及んでおります。

 森久子さんは初めて拝見いたしましたが、一見、どこにでも歩いておられるような、「おばちゃま」風の方でございまして、この世界の方にしましては、地味なお方のように見受けられましたが、いったん歌い始めますと、相当の実力派でございます。コールポーターやガーシュインの曲を多数披露されまして、ぞくぞくしておりましたなぁ~

 フラッシュ無しでの撮影で、画像がボケボケであります。

b0062214_751513.jpg


 安心して聞いていられるボーカリストでございました。

 (^。^)y-.。o○

b0062214_7524761.jpg

[PR]
by sinsama2 | 2012-07-29 07:53 | 映画・音楽
 昨夜でございますが、昔職場の同僚でございました、熊ちゃんから、お誘いがございまして、鈴鹿の千代崎海岸のお店で、サルサのイベントがあるからどうかい ? 

 とお誘いを受けまして、行って参りました。熊ちゃん、名古屋在住なのですが、何故かお顔が実に広いようなのでございまして、三重県までしょっちゅう来られるとか。

 サルサを始めて、かれこれ、15年だとかで、ベテランのようなのであります。サルサとは、元々キューバの音楽とダンスとのことでございまして、スペイン系の音楽だと感じられまして、哀愁を感じさせるメロディもところどころ散りばめられているように感じられましてございます。

 熊ちゃん、さっそく、美女とサルサを楽しんでおられまして、小生、羨ましそうに指をくわえて眺めておりましたがな。

b0062214_1222430.jpg


 お店は、千代崎の海岸沿いにございまして、このように、窓から海の風をたっぷりと堪能させてくれます。

b0062214_830417.jpg


 しっくな、たたずまいの調度品でございます。

b0062214_8312597.jpg


 夜の8時30分からは、ライブでございまして、最初にサルサのバンドのようでありまして、パーカッションに何故か顔みしりの荒木さんであります。実にお久しぶりでありまして、お顔も広い方であります。

b0062214_8333350.jpg


 その後が地元四日市のブルースバンドでございまして、以前、トビーさんとやっておられた時に拝見したことがございます、ブルースハープの名手、松井さん率いるバンドであります。

 生のブルースも久しぶりでありまして、堪能させていただいたところでございます。

 (^。^)y-.。o○

b0062214_8361123.jpg

[PR]
by sinsama2 | 2012-07-16 08:36 | 映画・音楽

2012.7.8 七夕さん・・・

 先週は梅雨空が、これでもか、というような感じで続いておりましたなぁ~

 昨日の七夕さんでは、久しぶりに夜にはお月さんが見られましてございます。。。

 空気がまだ涼しかったようでしたので、まだ、梅雨明けとはいかないみたいですねぃ。。。

 
 夕方ですが、松阪の「りょうこさん」が、四日市にいらっしゃることを、たまたま発見致しまして、

 奥さんを連れまして、四日市駅前の近鉄デパートまで行って参りました。

 近鉄デバートの11階にございます、喫茶ルームで、七夕コンサートに出演されております。

 りょうこさんとは、ほとんど、1年以上もお顔を合わしておりませなんだところであります。

 実にお久しぶりでございました。

 いつの間にか、今年で、64歳になられたとか。。。。。

 お元気そうで、実に、楽しそうに歌っておられます。

 お得意の、スタンダードナンバーのオンパレードでございます。


 自分が、還暦を過ぎたとして、あのように元気で、充実とした雰囲気で過ごせたら良いなぁ~

 なんて、つくづく思ったりしておりました。

 (^。^)y-.。o○

b0062214_8291795.jpg

[PR]
by sinsama2 | 2012-07-08 08:29 | 映画・音楽

2012.6.24 峰厚介 Quartet

 その昔、ネイティブ・サンという、フュージョンのスーパーグループが活躍はておりました。

 流れるようなサウンドが、結構気にいっておりまして、車の中で良く聞いていたものでございます。

 キーボードの本田竹広さんはすでに他界されておりまして、幻のグループになっております。

 その中で、当時、ソプラノサックスを澄んだ音色で吹きまくっておりました、峰厚介さん率いるカルテットが昨日、近所ののサラームに来るということで、久しぶりに、サラームライブに行って参りました。

 ドラムスが当時のネイティブサンのメンバーであります、村上寛さんであります。今では、日本を代表するJAZZドラマーですなぁ~

 峰さん、昨日はテナーサックスでありまして、昔のソプラノサックスのイメージしかありませんでしたが、さすがと思わせるような音色であります。

 ただ、演奏曲目はほとんどオリジナル曲だと思われまして、小生には少し難しい曲が多かったような感じでありましたが、数曲のバラード曲では、しっとりとした、泣きの演奏でありました。

 ドラムの村上さんも、さすがの演奏でしたなぁ~ あれこそ、プロのスティックさばきだと思います。

 (^。^)y-.。o○

b0062214_9553950.jpg


b0062214_9555040.jpg

[PR]
by sinsama2 | 2012-06-24 09:55 | 映画・音楽

2012.6.22 ゴスペルライブ

 今週は台風が来たりして、ずいぶんな一週間でございました。

 台風の際には、職場で泊り込むハメにもなりまして、体もしんどいものがございました。

 遅くなりましたが、この間の日曜日には、初めて、ゴスペルのコンサートなるものに行く機会がございました。

 地元の「GRANTS」という集団でありまして、鈴鹿の市民ホールでのコンサートであります。

 日頃から、レイチャールズやらアレサフランクリンあたりを聞いておりますので、全く違和感がございません。

 シャウトの魅力を堪能させていただきましてございます。

b0062214_22174180.jpg


 出演されている方々は皆さん地元で他にお仕事を持って活動されている方々と聞き及んでおります。

 皆さん実に楽しそうに歌っておられましてございます。

 年齢的にも小生よりも上の方々が多いようでしたが、実に元気なのでございます。

 下はコンサート終了後に、ロビーで歌っておられる様子であります。

 (^。^)y-.。o○

b0062214_22204050.jpg

[PR]
by sinsama2 | 2012-06-22 22:20 | 映画・音楽

2012.5.5 高槻にて

 昨日でございますが、2年ぶりに大阪の高槻に行って参りました。

 高槻JAZZストリートのお祭りでございます。

 JRの高槻駅前には、あの代議士センセイでございます、辻本衆議院議員がおられましたので思わず一枚パチリであります。

 このセンセイ、高槻が地元なのだそうでして、ずいぶんと地元のご婦人の方々に人気があるようでして、握手を求めに行かれた地元の方々がずいぶんとおられましたなぁ~

b0062214_1158086.jpg


 駅前から、無料のバスに乗り込みまして、遠い「あくあぴあ芥川」会場まで行きましてございます。このように、バスの中でもミュージシャンのお方が演奏披露してくださいます。

b0062214_1205993.jpg


 芥川会場に行きました目的としまして、日本のJAZZボーカリストの大御所でございます、中本マリさんを一度拝見したかったこともありまして、1会場集中方式での今回のジャズストリート探訪であります。

 ジャズストリートと言いましても、JAZZに限らず、ソウル系やらブルース系やら色々と出演しておりまして、芥川に最初に到着した時点では、ファンク系の若いバンドがやっておりました。焼きそばを食べながら適当に見ておりまして、次にはJAzZ系のバンドでして、それなりに聴きごたえがありましてございます。

b0062214_1255928.jpg


 この次に、大御所登場でありまして、さすがでございます。中本さんが、歌いましたら背筋がゾクゾクするような感じがいたしまして、前に歌われたポーカルさんが吹きどぶような感じでございます。

b0062214_1285521.jpg


 四日市のサラームにも数回来てくださったようなのですが行けずじまいでありました。今回は無料でこのようなボーカルを堪能させていただきラッキーであります。
 とても声量が豊かで、ハスキーな歌声。音域も広くてサラボーンを髣髴させるものがございます。試しにアマゾンで彼女のCDを検索しましたところ、新品は売り切れでして、中古でなんと72000円の値段が付いているのにはビックリコンコンでございます。

 次回に四日市にお見えになる際には必ず行きたいものであります。ラストのナットキングコールのメロディーは良かったですなぁ~

 (^。^)y-.。o○

b0062214_12135953.jpg

[PR]
by sinsama2 | 2012-05-05 12:14 | 映画・音楽

2012.1.22 ann sally ライブ

 昨夜は、本当に久しぶりのライブを堪能させていただきました。兄上殿のお店、伊勢「ぼうがいっぽん」でのライブでございまして、東京からお見えの、「アン・サリーさん」というボーカリストをフューチャーしたライブでございます。

 確か、5、6年前でっしゃろか、良いアルバムがあるよん♫ と、伊勢の兄上殿からCDを送っていただきましたのが、この、アン・サリーさんの「ボヤージュ」というアルバムでございまして、ボサノヴァを基調とした心地よいボーカルが流れておりまして、お気に入りのアルバムの一つとなっておりました。

 それが、昨年の12月に、年明けにびっくりする方がライブに来るよん♫と兄上殿がのたまわっておりやして、彼女が来ると聴いたとたんに、久しぶりの客として予約したところでございます。

 アンさん、元々、名古屋出身の方だとか。学生時代よりバンド活動をされ、数々のアルバムを出され、音楽活動とは別に、本業を心臓内科の医師として活躍されている方なのだそうであります。

 細い体から以外と声量豊かな歌声なのですが、どこか、癒される雰囲気を醸し出しておりまして、昨夜のライブでは、ボサノヴァ、JAZZ、ポップス等を披露してくださいまして、それとは別に、古い日本の歌をしみじみと聴かせてくれるのには、なかなか、じぃ~んと来るものがございました。

 ユーチューブで発見いたしました昨夜歌っていただいております、「胸の振り子」でございます。



 ライブ終了後に、ライブ会場でしか販売していないという最新のアルバムもゲットさせていただきました。

b0062214_1792930.jpg


 昨夜のライブ風景でございますが、兄上殿より送っていただいたものでございます。

 (^。^)y-.。o○

b0062214_19402668.jpg

[PR]
by sinsama2 | 2012-01-22 17:09 | 映画・音楽

2011.2.15 JUJU

JUJU という、若い歌手の存在につきましては、全く知りませんでしたが、我が家の奥さんが、たまたま、アマゾンで、スタンダードジャズのカバーアルバムを注文いたしまして、試しに聴きましたところ・・・

 意外と良い感じでありました。歌唱力もまずまずでして、しっかりとスウィングしておりました。

 ユビソナなんぞは、ヘレンメリルをほうふつするような感じでございました。^^

 ここのところ、寝る前に聴きながら寝ておりまして、しっとりとした雰囲気すらございます。

 テレビでも彼女は結構出ているようなのでありますが、どんな歌を歌っているのかは全く知りませんなぁ~

1.Calling You
2. Ev’ry Time We Say Goodbye
3. Lush Life
4. みずいろの影
5. A Woman Needs Jazz
6. You’d Be So Nice To Come Home To
7. Night And Day
8. Candy
9. Cry Me A River
10. Girl Talk

 (^。^)y-.。o○

b0062214_1934596.jpg

[PR]
by sinsama2 | 2011-12-15 19:34 | 映画・音楽