人生今後とも楽しく生きるための糧


by sinsama2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:映画・音楽( 324 )

2013.9.14 まもなく開催

 いよいよ来週の日曜日に開催ですなぁ~ 

 楽しみでございます。

 お友達の「りょうこさん」が、11時~スターアイランド北口で・・・・

  同じく、トビーさんが、14時~近鉄百貨店南口で・・・・

  同じく、かおりさんが、15時~近鉄百貨店南口で・・・・

  チェックしましたところ、ここは必ず行かなくては !!

 なんて思っておりやす。

そして、ピアニストでかなり有名な方だと思っておりますが、「増田豊トリオ」・・・・

16時~フルハウスで演奏

天気に恵まれると良いなぁ~~

(^。^)y-.。o○

b0062214_21345393.jpg

[PR]
by sinsama2 | 2013-09-14 21:35 | 映画・音楽

2013.7.21 10周年

 本日は、朝から地区の草取りと排水路の清掃。。。。

  この炎天下でヘロヘロ状態でございました。

 さすがに、 シャワーを浴びて、一息つきまして、昼食後に昼寝と決め込みましてございます。

 その後、久しぶりに近所のサラームまで涼みにいきましたところ。

 なんと、10周年とお祝いに書かれておりました。

 それにしても実に早いものでございます。

 ついこの間に開店したような気がいたします。

 最近は、ご無沙汰しておりますが、ずいぶんと素敵なライブを楽しませていただきました。

 確か、ここのマスターは、サラリーマンを途中で退職されてお店を構えたと聞いております。

 お元気で末長くお店を続けていただきたいと思いますなぁ~

 (^。^)y-.。o○

b0062214_17524834.jpg

[PR]
by sinsama2 | 2013-07-21 17:52 | 映画・音楽
 本日の夕方でございますが、四日市駅コンコース下のデパート前におきまして、毎年恒例の、「まちがどコンサート」が開催されておりまして、帰宅途中に寄らさせていただきました。

 松阪から遠路来ております、古立りょうこさん、トビー前田さんのメンバーでございます。ほぼ、半年ぶりにお目にかかりまして、楽しませていただきました。

 りょうこさん、今年で65歳とのことでして、相変わらずのお元気そうな歌声でございます。アメイジンググレイス、ルート66、サマータイムを始めとしました、黒っぽい歌声。健在でございます。

 トビーさんのオリジナル曲もブルースというか演歌というか・・・
 いい感じでありました。

 今回は、山田さんのハーモニカもありまして、ブルース色を醸し出しております。

b0062214_2265621.jpg


 熱唱でございます。(^。^)y-.。o○

b0062214_2265822.jpg

[PR]
by sinsama2 | 2013-05-17 22:07 | 映画・音楽
 毎年、恒例のように行っております、高槻JAZZストリートに今年も行くことが出来ましてございます。今回は15回目の記念イベントのようでございまして、約50会場で、「ただ楽しめ ! 」というキャッチフレーズでの開催でありました。

 天気にも恵まれまして、かなり大勢のお客さんが溢れかえっておりましたなぁ~ このようなイベントでは、野外のライブが実にお祭り気分を高揚させてくれます。神社の能舞台でのライブでございます。

b0062214_9575439.jpg


b0062214_958371.jpg


 小さな、ライブハウスの会場では、ミュージシャンとの距離が近く、一体感を楽しむことが出来ます。

b0062214_9593589.jpg


 逆に、公共施設を利用した、ある程度の大きな会場では、ミュージシャンのレベルが相対的に高いことが多いこともございまして、聞きごたえがあって良いものもございます。
 市役所の横の公共施設の会場では、たまたま、地元高槻の歌いてさんでありまして、サルサだとかラテン系で活躍されている歌姫「赤穂美紀さん」でございまして、たっふりとした声量に圧倒されるほどであります。

b0062214_1010247.jpg


 そして次には、最大メイン会場で、大物を観に行こうとかけつけたのでございますが、すでに長蛇の列であります。2時間以上も並んで待っているお客さんがほとんど。最後尾に付いたとしても、まともに見られないとのこと。あきらめて、隣の小ホール的なのとこに行きましたところ実にラッキーでありました。

 メニューでは、「牧山純子さん」という名のミュージシャン一人の名が挙がっておりまして、知らないお方。登場しましたら、バイオリン片手の美人のお姉さんであります。(^^)
 音色も素敵でありまして、スタンダードJAZZを2曲ほどかなでてくれまして、心地よい気分に浸っておりましたところ、一人ギターのデュオで登場してきたお方が、あの、フライドプライドのギタリストの「横田さん」。会場が一気に盛り上がりましたなぁ~ 
 あのギターテクニックは素晴らしいものがございまして、最高のライブでございました。

b0062214_10185083.jpg


 牧山さんの音色が素敵でありましたので、CDを一枚購入いたしました。サインもしてくださいまして、可愛いお手手で握手までしてくださいましたなぁ~(^^)

b0062214_10202440.jpg


 今年の高槻も行って良かったところでございます。

 (^。^)y-.。o○

b0062214_10215671.jpg

[PR]
by sinsama2 | 2013-05-04 10:22 | 映画・音楽

2013.4.22 リンカーン

 それにしても、寒くなっておりますなぁ。

 4月も後半になろうとしている今日この頃であります。

 土曜日に、久しぶりで一人、映画を観に行ったところでございますが、見たいのが「リンカーン」ぐらいでしたので、迷わずこれでございます。

 南北戦争の戦闘シーン満載かと思いきや、奴隷制廃止に伴う法案改正のための、政治的裏取引の内容が満載でございました。難しいお話も多かったように思えます。

 アメリカでも日本と同じような、どろどろとした政治の取引があるのだと実感した次第でございます~

 (^。^)y-.。o○

b0062214_1938353.jpg

[PR]
by sinsama2 | 2013-04-22 19:38 | 映画・音楽
 昨日の土曜日は、地元の「さくら祭」が中止されたおかげをもちまして、久しぶりに、名古屋のブルーノートライブに行くことができましてございます。我が家の奥様が好きな、トランペットの「大野俊三」さんでございます。大野さんは、昨年の四日市サラーム以来でございます。

 大野俊三さんは、1949年3月に岐阜市で生まれられたとか。上京し、71年にジョージ大塚クインテットに加入して頭角を現されたと聞き及んでおります。その後、ジャズの大御所、アート・ブレイキーの誘いを受け、ニューヨークに渡られたのが、1974年。それからは、アート・ブレイキーとジャズ・メッセンジャーズや、ギル・エバンスなど数々の大物との共演により、一躍世界の大野となっております。

 そのような飛躍された中で、1988年には自動車事故に巻き込まれ、前歯破損、上唇の筋肉断裂という致命的な怪我を負ってしまったり、1996年には、またまたの大きな試練として、扁桃ガンを患い、偉大なサックス奏者でありますウェイン・ショーター友情により奇跡的な復帰を遂げられたトランペット奏者でございます。

 昨夜のブルーノートでございますが、日本ではあまり人気が無いのでっしゃろか、お客さんがあまり入っていなかったような気がいたします。日本では、日野さんの方が人気があるのでしょうかね~

b0062214_16564397.jpg


 昨夜の演奏の方は、アコースティック系ではなく、どちらかと言いますと、フュージョン系でございまして、激しさが強いトランペットでございました。そのような中での、しっとりとした「オーバーザ・レインボウ」が実に心に沁み入るような感じでございました。相変わらずの良い音色でございます。

 この画像は、サクラにちなんだ、大野さんスペシャルカクテルでございます。実に美味しゅうございました~

 (^。^)y-.。o○

b0062214_1711776.jpg

[PR]
by sinsama2 | 2013-04-07 17:02 | 映画・音楽
 本日でございますが、川越町にございます、「あいあいホール」というところで、珍しくクラッシックのコンサートに行って参りました。

 奈良県在住のピアニストでございます、織田寛子さんのドイツ帰国一周年記念ピアノリサイタルでございました。織田さんは、元々、小生の地元、四日市ご出身の方でございまして、愛知県立芸術大学からドイツのケルン音楽大学を首席でご卒業されたお方でございまして、現在は京都精華女子短大で教鞭をとっておられます。

 本日のメニューですが、シューベルト→リスト→ラフマニノフ という曲順でございました。クラッシックは、めったに聞くことがございませんでして、シューベルトはあきまへんなぁ~

 あっという間に、心地よく、眠りの世界でございます。隣に座っている奥さんの、ひじ打ちが無かったため、いびきは無かったみたいなのでございます。

 リストあたりから目覚めておりまして、ラフマニノフはなかなか好きな旋律でございました。どちらかといいますと、短調系の曲が多かったせいでっしゃろか、「泣きの音色」が気に入りましてございます。

 それにしても、プロのピアノの音色は素晴らしいものがございました~

 (^。^)y-.。o○

b0062214_20133720.jpg


 
[PR]
by sinsama2 | 2013-02-02 20:13 | 映画・音楽

2013.1.5  五つの銅貨

 お正月の三が日も終わりまして、昨日の金曜日には出勤をし、本日と明日のお休みでございます。お江戸から帰省しておりましたドラ娘は、戻りまして、ふだんの生活になっております。

 久しぶりに、レンタルビデオ屋さんに行きましたところ、隅の方に、店長のお勧めのビデオで実に古い映画が置いてありまして、飛びついたところであります。

 「五つの銅貨」という、1959年の映画とのことでありまして、あの、「サッチモさん」ご本人出演の映画でありまして、実在のコルネット奏者レッド・ニコルズ (Red Nichols) の奇跡のカムバックを軸としながら、彼と妻ボビー、娘ドロシーとの家族愛が描かれた内容でございます。

 サッチモとニコルズのかけあいが実に良かったですなぁ~

 ビデオとは言え、良い映画でございました~

 (^。^)y-.。o○

b0062214_2048920.jpg

[PR]
by sinsama2 | 2013-01-05 20:48 | 映画・音楽
 松阪の亮子さんのお招きを夫婦でいただきまして、仔羊のお肉をしゃぶしゃぶでいただきながら、JAZZのライブを楽しむという企画に参加させていただきました。今回で7回目となりまして、過去に3回参加させていただいております。

 ラム肉とはいえ、仔羊でありますので、全く臭みはありませんでして、実に美味しいものでございます。しゃきしゃきの、もやしと一緒にいただきますと、実によろしゅうございます。

b0062214_9155620.jpg


 ライブの方は、今回のメインゲストが、名古屋で活躍されております、ギタリストの「和田直さん」でございまして、間もなく79歳でございます、大御所であります。演奏の姿も実に姿勢がよろしくて、指使いも全くの衰え知らずという感じでございます。名古屋の「Swing」というジャズクラブのオーナーでもいらっしゃるとのことであります。

 また、ドラムとベースの方が、この間の大野俊三さんのライブで一緒に演奏されておりました、猿渡さんと北川さんでございます。猿渡さんは、実に楽しそうにドラムをたたかれていたような感じがいたします。

 途中に亮子さんがボーカルで例年のごとく入られます。いつもの、フライミートゥーザムーン等等を、漫談のごとくの楽しいMCを交えながらの活躍でございます。
 今回、特に印象に残りましたのが、ラストで歌われました、サッチモの何とかいう曲でございましたが、サッチモの雰囲気そのものでありました。良かったですーー

b0062214_927591.jpg


 メイン演奏の後が、何故か前座でございます。亮子さんのご主人がギター演奏でございます。セミブロ級の腕前でございます。
 この、ラムシャブの会ですが、今回で終わりだとか。残念ではございますが、準備もさぞかし大変なことだと思います。今まで楽しませていただきありがとうございました。(^。^)y-.。o○

b0062214_9321520.jpg

[PR]
by sinsama2 | 2012-11-24 09:31 | 映画・音楽

2012.11.10 背筋がゾクッ !!

 昨夜でございますが、近所のサラームというライブハウスに、二年ぶりのグラミー受賞経歴をお持ちになる「大野俊三」さんがお見えになりました。

 すでに、アメリカの市民権を得られて、活動の拠点がアメリカとなっておられるとのことですが、日本に里帰りされたついでに、各地でライブ活動をされておられます。

 二年前にも、ライブを拝見いたしましたが、その時にも増してお元気そうでございました。

 彼のトランペットの音色は鳥肌ものでありまして、なんだか得した気分になりましたなぁ~

 実力派のライブは違います。。。。。

 (^。^)y-.。o○

b0062214_8312781.jpg
 

b0062214_8315028.jpg

[PR]
by sinsama2 | 2012-11-10 08:32 | 映画・音楽