人生今後とも楽しく生きるための糧


by sinsama2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:ジャズ・スタンダード( 10 )

2010.12.20 Shanghai

 上海というこの曲でありますが・・・・

 あの、美空ひばりさんという、ボーカリストとしての大天才。

 10代のとても若い頃に歌われております。

 英語が話せない、ひばりさん。

 話せないとは全く思えないほどのこのボーカルであります。

 SP版のノイズが残ってはおりますが、いい雰囲気なのであります。

 好きな曲なのでございます。



 たまたま、Shanghaiで検索してみましたところ、Doris Day が歌っているものを発見であります。こちらも、なかなかよい感じでございます。

 (^。^)y-.。o○


[PR]
by sinsama2 | 2010-12-20 21:15 | ジャズ・スタンダード
 Gee Baby, Ain't I Good to You という曲。

 スタンダードナンバーではありますが、色々な方が歌っております。

 先週の松阪でも、りょうこさんが歌われておりました。

 好きな曲でございます。

 元々は、戦前のアメリカの大恐慌時代に作られた曲だとか。。。。


 「クリスマスには、ダイヤでもキャデラックでも、

  何でも買ってあげるがなぁ~ オイラについてきてくださいな~」

 なんていう感じの歌詞がございます。

 早いもので、今年も12月に入ってしまっております。

 なんとなく、今の時期にしっくりと合うような気がします。

 たまたま、ユーチューブで検索しておりましたら、関西系のブルース系の歌手の方でっしゃろか。

 小林万里子さんという方が歌っております。

 ブルースハープの音色が素敵なのであります。

 それにしても・・・・・

 このお姉さん、最後の方の日本語の歌詞。

 実に、とんでもないことをのたまわっているのでやんすが・・・

 さすが、関西の乗りなのですかねぃ。。。

 にゃははははは ♫

 (^。^)y-.。o○


[PR]
by sinsama2 | 2010-12-02 21:19 | ジャズ・スタンダード

2010.7.16 Autumn Leaves

 Autumn Leaves と言えば、ご存じ有名なスタンダードの「枯葉」であります。

さすがに、この曲、皆さん好んで演奏されたり歌ったりしておりますが、

 最近でありますが、特にお気に入りの「Autumn Leaves 」が・・・

 Sarah Vaughan の 「Autumn Leaves 」なのであります。

 とにかく、スキャットの熱唱が気に入っておりまして・・・・

 名盤、「Crazy and Mixed Up 」に納められているものが素敵なのであります。

b0062214_20594933.jpg


 下のユーチューブのものは、Crazy and Mixed Up のバージョンとはちと異なっておりますが、片鱗をうかがうことができますなぁ~

 (^。^)y-.。o


[PR]
by sinsama2 | 2010-07-16 21:01 | ジャズ・スタンダード

2010.5.12 The Man I Love

 久しぶりの、スタンダードシリーズ。


 ジョージ・ガーシュインの名曲であります。

 日本名、「私の彼氏」というこの曲・・・・

 夜も更けた深夜にしっとりと聞くのが良いのであります。


 
 日曜日には会える。

 会えなければ月曜日。

 火曜日には・・・・・・


 
 ユーチューブで色々と聞いておりましたら、なかなか、色っぽくて素敵なものがありました。

 Kate Bush が歌っております。

 ラスト付近でのラリー・アドラーさんのハーモニカの音色も良いものがございました。

 (^。^)y-.。o○


[PR]
by sinsama2 | 2010-05-12 21:34 | ジャズ・スタンダード

2010.4.8 All of Me

 ここのところ、2日でありますが、何故か急に冬に戻ったような寒さを感じているのでありますが・・

 気のせいでっしゃろか。せっかく、満開になった桜が早々と散りそうな感じがしますなぁ~

 ブログネタもございませんので、久しぶりのスタンダードシリーズであります。

 「Oll of Me」でありますが、この曲、皆さんが好んで歌ってらっしゃるような気がいたします。ジャズボーカルを勉強されている、駆け出しの女性シンガーの方々が、かなり選んで歌っていらっしゃいます。

 この歌、男性が歌っても、女性が歌っても、とても、Good でありまして、あの、シナトラさんが、この曲をヒットさせたと聞き及んでおります。

 作詞・作曲が、「セイモア・シモンズ、ジェラルド・マークス」の共作による、かなり古い時代であります、1931年の作品だそうです。

 ダイナ・ワシントンの「All of Me」であります。



 小生は、個人的に、ジョージ・ベンソンさんの All of Me が好きですなぁ~

 ぜひ、お聞き比べてくださいな。

 (^。^)y-.。o○


[PR]
by sinsama2 | 2010-04-08 20:57 | ジャズ・スタンダード
せっかく、このカテゴリーを作りましたので、ブログのネタもございませんので、「ジャズ・スタンダード」をUPであります。

 「Gee baby, ain't good to you」であります。実は、この曲なのでありますが、初めて聞いたのが、「TOBY前田さん」という、四日市の有名なミュージシャンの方が歌っておられたのが初めてでありまして、日本のブルース系の曲だと思い込んでおりました。

 そうしましたところ、違うのですなぁ~ 古いアメリカのスタンダードの曲だと聞きまして、びっくりしましたなぁ~
 第二次世界大戦前の大恐慌の時代に作られた古い曲なのだそうであります。

 内容は、好きな女性のために、オイラは、クリスマスには毛皮のコートを、ダイヤモンドリングや
キャデラックだって何でも買ってあげたのに、と・・・・・・

 とことん尽くしている男の歌だったのであります。「Gee」とは、相手を呼ぶ時に使う言葉なのだそうでありまして、「おい!」と呼ぶときに使うようであります。

 ペギー・リーの「プラック・コーヒー」のアルバムの中に後日発見しまして、良い感じの歌だにゃ。なんて思っておりましたところ、あの、小生が好きな、「ダイアナ・クラール」ちゃんも、しっかり歌っているのであります。

 ダイアナちゃんのユーチューブの歌声であります。

 (^。^)y-.。o○



 他に探しましたところ、あの、有山さんが歌っているものも発見であります。


[PR]
by sinsama2 | 2010-03-05 22:33 | ジャズ・スタンダード
 最近でありますが、ヒマになりますと、ユーチューブで色々な音楽を聴いていることが多いのでありますが、

 つい、先ほど発見であります。

 スタンダードの「Oll Of Me」にて、小生のお友達であります・・・・・

 松阪の「古立りょうこさん」を発見であります。

 小生のブログでは、しばしばのご登場なのでありますが、さすがに歌声までは伝えられませんでしたが、

 お届けします。ぜひ、お聞きくださいませ。

 「OLL OF ME」であります。

 どこのライブハウスなのですかねぃ。?

 (^。^)y-.。o○


[PR]
by sinsama2 | 2010-02-27 21:28 | ジャズ・スタンダード
 先日でありますが、「ジャズ・スタンダード名曲徹底ガイド (上)」という本を買ってながめておりました。

 小生、ジャズは好きなのでありますが、この本を見てみまして、意外と知らない曲が多いことに気付いたのであります。

 この本では、名曲が200曲掲載されておりまして、ABCの順に紹介されております。

 その紹介されている曲に対しての、代表的なアルバムも掲載しておりまして、思わず欲しくなりますなぁ~

 でも、資金が続きませんがな。。。。。

 下巻も存在しているようでして、スタンダード曲は、そうとうあるようなのであります。

 恐るべしですなぁ~

 (^。^)y-.。o○

b0062214_211776.jpg


 一番最後に掲載されている曲が、ご存じ、「ユー・ビー・ソー・ナイス・カム・ホーム・トゥ」でありまして、コールポーター作曲の「帰ってくれたら嬉しいわ」であります。好きな曲であります。ヘレンメリルが良いのでやんす。^^

何とかの一つ覚えということで、ユーチューブの張り付けであります。



[PR]
by sinsama2 | 2010-02-16 21:22 | ジャズ・スタンダード

2008.6.8 頭をよぎる歌声

 ここのところでありますが、気分がゆったりしている時にいつも。
 この曲の歌声が、頭の中をよぎります。

 「I've Got You Under My Skin」という曲であります。

 ペギー・リーの有名なアルバム「ブラックコーヒー」の中に入っているのでありますが、小気味よく小悪魔的なペギーの歌声であります。そして、不思議と、途中には、シナトラのべらんめぇ調の歌声に変換しておりますがな。^^

「I've Got You Under My Skin」

 I've got you under my skin
 I've got you deep in the heart of me
 So deep in my heart you're really a part of me
 I've got you under my skin
 I've tried so not to give in
I said to myself
This affair never will go so well
But why should I try to resest
when,darling, I know so well
I've got you under my skin

I'd sacrifice anything come what may
for the sake of having you near
In spite of voice that comes in the night
And repeats and repeats in my ear
 Dont' you know little fool, you never can win
 Use your mentality , wake up to reality
But each time I do, just the thought of you
Makes me stop before I begin'

Cause I've got you under my skin

Cause I've got you
Yeah I've got you under my skin

 この歌「オイラは君を肌の内で取り込んでしまったのさ! オイラの心にとっても深く君が入り込んでしまったのさ!」なんていう羨ましい歌詞なのでやんす。^^

 ペギーさん、81歳の最近まで生きて活躍されていたとか。グラミーも12回もゲットしたようなのであります。本物、聴いてみたかったにゃ^^   (^_^)v

b0062214_19205423.jpg
 
[PR]
by sinsama2 | 2008-06-08 19:22 | ジャズ・スタンダード

2006.12.2 Fry Me To The Moon

 日本名で「月に飛ぶ想い」と題されておりますこの曲。好きな曲の一つでありまして、元々1954年という古き良き時代に、「バート・ハワード」という方が作詞作曲された曲であります。1960年代の初頭になり、アメリカでは「ボサノヴァ」のブームに乗っかり、「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」という名に改名してからヒットした曲だったとか。

 シナトラ、ベネット、そして好きな男性ボーカリストであります、「ナット・キング・コール」がヒットを飛ばしていたようであります。「トニー・ベネット」は、このラブソングをマイクを使用せずに、アカペラで歌っていたようであります。^^

Fry me to the moon
And let me play among the stars
Let me see what spring is like
On jupiter and Mars
In other words
Hold my hand
In other words
Darling kiss me

Fry my heart with song
And let me sing for evermore
You are all I long for
All I worship and adore
In other words Please be true
In other words
I love you

(Instrumental)

In other words
Please be true
In other words
I love you

私を月に飛ばして! さあ星の間にも飛ばして!
木星や火星の春はどんな感じかしら?見せて!
他の言葉だったら、手を取って!
他の言葉だったら、キッスして!

 日本語に直しますと、歌詞としては歌いにくいですなぁ~^^

 ダイアナ・クラールの「ライブ・イン・パリ」というアルバムに、渋く歌われているのが好きなのであります。^^
 2001年に、パリの「オランビア劇場」でのライブなのであります。

b0062214_2036244.jpg


 本日の万歩計・・・7,843歩
[PR]
by sinsama2 | 2006-12-02 20:36 | ジャズ・スタンダード