人生今後とも楽しく生きるための糧


by sinsama2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2008.11.9 35周年記念コンサート

 小生が住んでおります四日市を中心としました、「サンセット・ポップス・オーケストラ」というビッグバンドが、今年35周年記念を迎えるということで、土曜日の夜に記念コンサートが、四日市文化会館でございまして、奥さんと二人で行って参りました。

 小生のお友達でございます、ボーカリストの古立亮子さんもゲストで出演されておりまして、他には、東京から、テナーサックスの田辺信男さん、もう一人のボーカル、MIWAKOさんもゲストで出演されておりました。

 曲目は、当然、これぞビッグバンドというスタンダード曲が多かったのであります。「A列車で行こう」、「バードランド」、「枯葉」、「ワン・オクロック・ジャンプ」などなど・・・・
 これぞ、デュークエリントン楽団の十八番であります、「昔はよかったね」では、田辺さんのテナーソロが楽しめたところであります。

 田辺さん、70歳を超えているものと思いますが、相変わらず素敵なテナーの音色であります。客席が後ろの方でありまして、フラッシュ撮影不可でありましたので、顔が真っ白になってしまい、白黒画像としました。

b0062214_01436.jpg


 ゲストのボーカリストでございます、古館亮子さんでありますが、いつもは、小さな箱のライブハウスでお目にかかるのでありますが、今回は、広い文化会館のホールであります。マイクをかなり離しての、独特の節回しでのボーカルを披露してくれます。
 後半では、「サマータイム」を歌ってくださいまして、ゴスペルでならした黒っぽい雰囲気を醸し出してくれました。この雰囲気、好きなのであります。

 そして、衣装も黒のドレスの上に、紅い物体を肩から羽織っていらっしゃり、なかなか奇抜で素敵な出で立ちでありました。後で近くから見ましたところ、この紅い物体でありますが、鳥さんの羽根を紡いだものでありました。

 もう一人のボーカリストの、MIWAKOさんであります。この方も、小生、個人的にはお話ししたことがございますが、歌をステージで拝見したことは初めてでありました。とても上手な方でありまして、歌っている際の笑顔の表情が素敵であります。歌声も、少々黒っぽいところがありまして、やはり、ソウルミュージックを別のバンドで歌われているとか。

 二人で歌われていました、「テネシーワルツ」であります。

b0062214_027056.jpg


 ビッグバンドならではの、ステージでの楽しい雰囲気であります。

b0062214_0281957.jpg


 
[PR]
by sinsama2 | 2008-11-09 00:31 | 映画・音楽