人生今後とも楽しく生きるための糧


by sinsama2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2007.11.4 音楽には味覚を感じる!

 小生の場合でありますが、生の音楽を聴いておりますと、味覚を感じることに最近気がつきました。特に、ピアノの音の場合によく感じられるのであります。JAZZのアドリブを聴いている場合なんぞは、知らず知らずのうちに口の中に唾液が湧き出て、ブルース音階を感じれば少々苦みがほとばしります。

 本日は、クラッシックのピアノソロのリサイタルに行って参りまして、特に「バッハ」の曲では、苦みではなく甘味が感じられたのであります。不思議ですなぁ~^^ 曲の感じによって、味覚が異なるとは、初めて体験したところであります。

 本日のリサイタルなのでありますが、奈良からお見えになりました、「織田寛子さん」のピアノソロリサイタルでありまして、奥さんと一緒に行って参りました。
 場所は、四日市あさけプラザホールでありまして、入場は無料なのでございました。

 演奏者の「織田さん」でありますが、近々にドイツの「シューマン音楽祭」という普通では出られられないコンサートに出演されます。今回は、その音楽祭に向けての、プレコンサートとのことであります。

 今回のプログラムは、「バッハ」のフランス組曲第5章、「ショパン」のマズルカなど、「ラベル」のクープランの墓よりトッカータなど、「シューマン」の子供の情景作品15、「メンデルスゾーン」の厳格なる変奏曲54であります。

 小生の場合は、クラッシツクについては、めったに聴くことはございませんが、「バツハ」の曲が一番心地よく、自分の琴線に触れたような気が致しました。

 奥さんの感想では、「あんなに指がすらすらと動くなんて、さすがだわぁ~」であります。

 織田さんの、ドイツでのコンサートの成功を祈ります!

 小生、今回も居眠りしておりませんです。にゃはははは ♪^^

 (^_^)v

b0062214_18545052.jpg

[PR]
by sinsama2 | 2007-11-04 18:54 | 映画・音楽