人生今後とも楽しく生きるための糧


by sinsama2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2007.4.28 JAZZボーカリスト「美空ひばり」

 あの、日本の大御所歌手でありました「美空ひばり」さんの、ジャズボーカルのアルバムがあったことを最近知りまして、先日ついついアマゾンをクリックしてしまいました。

 彼女は、楽譜も読めない人で、英語の授業も満足に受けてられないとのことを聞いたことがあります。でも、素晴らしい歌唱力は誰もが認めるところでありますが、JAZZを歌っていたとは、知りませんでした。

 改めて聞いてみますと、16歳で歌っていたという「上海」の曲は、最高の歌い回しであります。JAZZの雰囲気がしっかりと伝わって参ります。今思いますと、凄い歌手であったのだとつくづく思わずにきおれません。

 「美空ひばり・ジャズ&スタンダード」というアルバムであります。演奏は「原信夫とシャープ&フラッツ」の曲と昔のモノラル版のミックスアルバムなのであります。

1 虹の彼方に(日本語版)ゆったりと、伸びやかに歌っております。
2 ラブ・レター(日本語版)ところどころ、ひばり節有り^^
3 上海(最高なJAZZの乗りであります) 16歳の歌声とは思えません。
4 恋人よ我に帰れ(近年の声)英語ですと、ひばり節が感じられません。
5 アイ・ラブ・パリ(日本語版)哀愁漂うボーカルであります。
6 ばら色の人生(日本語版)この声も、かなり昔の歌声であります。
7 セ・マニフィック(日本語版) ナットと聞き比べても遜色無しです。
 その他「CRY Me A River」、「スターダスト」、「アゲイン」、「ダニー・ボーイ」、「愛さないなら棄てて」、「ブルーベリー・ヒル」、「A列車で行こう」、「愛のタンゴ」、「慕情」の16曲であります。

 素晴らしい、JAZZボーカリストでもあります。 

b0062214_20515045.jpg

[PR]
by sinsama2 | 2007-04-28 20:52 | 映画・音楽