人生今後とも楽しく生きるための糧


by sinsama2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2007.4.15 織田寛子さんとバスポ君

 本日は、地震騒ぎでバタバタとしてましたが、菰野町の「パラミタミュージアム」にて久しぶりにクラッシックのリサイタルに行って参りました。
 我が家は、四日市と言いましても、石を投げると菰野町という辺境に住んでおりまして、「パラミタさん」にも比較的近いのであります。

 トロンボーンとピアノのデュオリサイタルということでありまして、小生にとりましては、未知との遭遇なのであります。はい!^^
 トロンボーンに「バス・トロンボーン」が存在していることすら知りませんでやんした。サックスみたいに、「アルト・トロンボーン」とか「ソプラノ・トロンボーン」とかもあるのですかいね?

 演奏された方は、「織田寛子さん」(P)、「織田貴浩さん」(Tr)でございまして、ご夫婦での演奏でございました。奥様の寛子さん、地元四日市出身のピアニストでございます。今では、奈良市在住でして、奈良テレビにはしょっちゅう出演されているとか。ドイツのケルン国立音大を卒業された本格派でございます。
 ご主人の「バスポ君」も、ケルン国立音大出身とか。お二人は、ドイツで大恋愛されたみたいでんなぁ~ にゃはは ♪^^

 演奏曲目は・・・・・何か色々とされていましたが、覚えているのは、「ダンテの神曲」?確か、リストの曲でしたっけ・・・・
 クラッシックとなりますと、覚えが悪うございます。とほほ ♪

 織田(オリタ)さんのピアノなのでありますが、優しいタッチで演奏していて、このまま小生、夢ごこちかいな?と思っていますと、い・き・な・りの地震みたいでんがなぁ~(ーー;)
 強烈なピアノタッチで、起こされました・・・・ したがいまして、小生、今回は居眠り無しでやんす。一緒に行った、M嬢は眠たそうな眼してましたが・・・・・
 バスポ君のトロンボーンの演奏も、重量感たっぷりでやんした。ゆったりとした、1時間30分でした~

 ライブ終了後の、ツーショットでやんす。奥さんに撮影してもらいました。娘のM嬢曰く「にやけてるぅ~~」であります。にゃはは ♪
 寛子さん、少々ポッチャリ系の可愛らしいピアニストでございます。^^

b0062214_176415.jpg


 このコンサートをお知らせ下さいました、T小学校のM先生には感謝でございます。M先生には、このつたないブログを見てくださつているとか。ありがとうございますm(_ _)m
 たまには、コメントしてくださいね~^^
[PR]
by sinsama2 | 2007-04-15 17:09 | 映画・音楽