人生今後とも楽しく生きるための糧


by sinsama2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2007.2.16 しんちゃん・せのちゃん^^

 四日市に凄いブルースマンがやって来ました。世界に誇るブルースハープ(10ホールハーモニカ)奏者であります、「妹尾隆一郎さん」と、日本のブルース・ギターの第一人者であります、「塩次伸二さん」であります。

 妹尾さんのライブは、ホント、1年以上のご無沙汰でして久しぶりなのです。妹尾さんのライブは、とても明るいブルースでありまして、一昔の暗いイメージのブルースを吹っ飛ばしてくれます。好きなのであります。^^

 また、塩次さんは、名前は存じ上げておりましたが、初めてでありまして、楽しみにしておりました。昔昔、京都で「ウェストロード・ブルースバンド」を結成し、BBキングの大阪公演のオープニングアクトを務めたのをきっかけに、日本のブルース界を牽引された実力者であります。

 小生がライブ会場であります、「フルハウス」に到着したのが、すでに、ライブの後半となっておりました。残念でしたが、仕方がありません。有名な曲「ブルース・ザ・フィーリング」を演奏している真っ最中でありました。ここでは、我らが四日市のギタリスト、「トビー前田さん」が演奏に加わっております。妹尾さんのハープの演奏、相変わらずの凄さであります。

 今回は、二人のギタリストの共演もありまして、雰囲気を比較することが、なかなか楽しく思えました。トビーさんのギターは、どちらかと言いますと、切れ味で勝負するように思えます。野球で言えば、「イチロー選手」の雰囲気でしょうか。
 対して、塩次さんのギターは、重厚でずっしりと腹に響くようなギターの音色でありました。「松井選手」の雰囲気であります。^^

 ライブの方は、「エブリディ・アイ・ハブ・ア・ブルース」という、B・Bキングで有名な曲と続きます。塩次さんのボーカルを交えた演奏。お客さんと演奏者が一体となった、ライブハウスならではの楽しい一時であります。塩次流の日本語でも歌うのです^^

 今回は、遅れてのライブでしたので、5曲しか堪能出来ませんでした。次回に機会がありましたら、フルで堪能したいものであります。

b0062214_2213.jpg


 トビーさんのHPに採用していただければ幸いであります。(^_^)v

 
[PR]
by sinsama2 | 2007-02-16 23:55 | 映画・音楽