人生今後とも楽しく生きるための糧


by sinsama2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2006.10.7 ELAA & LOUIS

 ここのところ数日ですが、はまっておりますアルバムであります。とても、1956年の録音とは思えないような古き良き時代のJAZZ酒場の雰囲気を醸し出しております。

 ボーカリストである「ELAA FITZGERALD」と、あのサッチモこと「LOIS ARMSTRONG」の夢の共演盤なのであります。小生、「エラ」さんは全く知りませんでしたが、これぞ、JAZZボーカルの原点だ!というような感じに聞こえて参ります。そして、あのサツチモの野太い声との違和感のない、ごく自然な雰囲気であります。
 また、サッチモのトランペットの音色も素敵ですわ~ バックを支えるミュージシャンが、これまた今となっては、凄いメンバーでございます。
 ピアノ・・・Oscar Peterson
 ギター・・・Herb Ellis
 ベース・・・Ray Brown
ドラム・・・Buddy Rich  という豪華メンバーであります。

 曲目は、全て、スタンダード曲であり、親しみやすく、聴いていて和みます^^

1 お友達になれない?「Can't We Be FriendS?」
2 Isn't This A Lovely Day
3 ヴァーモントの月「Moonligt In Vermont」
4 誰も奪えぬこの思い「They Can't Take That Away Frome Me」
5 青空の下で「Under A Blanket of Blue」
6 Tenderly・・・・・この曲個人的に一番好きです。
7 霧深き日「A Foggy Day」
8 アラバマに星落ちて「Stars Fell On Alabama」
9 Cheek To Cheek
10あなたのそばに「The Nearness Of You」
11春のパリ「April in Paris」

 このアルバムも、名盤の一つなのて゜しような~^^

b0062214_2171028.jpg


 本日の万歩計・・・・3,858歩
 
[PR]
by sinsama2 | 2006-10-07 23:50 | 映画・音楽