人生今後とも楽しく生きるための糧


by sinsama2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2006.7.1 オーティス・レディング

 本日の夕方でありましたが、たまたまテレビをNHKのBSに合わせたところ、「オーティスが映ってる~!」
 それからテレビに釘付けでありました。我が家では、日頃、テレビのチャンネル権を握っているのは・・・「奥さん」であります。ラッキーでした。元RCサクセションの「忌野清志郎さん」が、オーティスの故郷やら活躍した場所を巡り、レポート化した番組でした。彼の、オーティスの影響を多大にうけたミュージシャンの一人のようでありました。

 オーティスは、子供の頃から歌が大好きだったようでして、父親が教会の牧師を兼務していたことも影響していたようです。青年になるまで、あちらこちらの歌える場所を探しては、歌いまくっていたとか・・・・・
 そのうちに、白人の青年兄弟が彼の熱心なファンになり、オーティスをサポートしていくようになっていきます。その頃のアメリカでは、黒人にタ対する人種差別がまだまだ激しい時代。そのような時代背景にもかかわらず、オーティスのマネージメントを務めることになったのであります。

 ギタリストも白人が勤めることになり、「These Arms of Nine」、「Mr Pitiful」、「Respect」などをヒットさせるのでありますが、全米10位以内には入れなかったようでありますが、モントレー・ポップス・フェスティバルに黒人唯一のミュージシャンとして出演したとのことであります。

 しかしながら、1967年12月10日に航空機事故により、26歳の若さでこの世を去っております。死のわずか3日前に録音された「The Dock of Bay」は、死後に唯一の全米ヒットNO1になったのであります。

 「The Dock of Bay」、彼の曲にしては、シャウト感が無く、波音と完全に調和した素敵な歌であります。好きな曲の一つであります。

b0062214_2371015.jpg


b0062214_2372530.jpg


b0062214_2374111.jpg


b0062214_2375563.jpg


b0062214_238833.jpg


 
[PR]
by sinsama2 | 2006-07-01 23:08 | 映画・音楽