人生今後とも楽しく生きるための糧


by sinsama2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2006.5.20 魅惑の10cm

 今夜は久しぶりに、ボサノヴァユニットの「TOKS」さんのライブを楽しんで参りました。場所は、初めて伺いました、菰野町小島にございます「有楽堂」(うらくどう)という喫茶店兼食堂兼飲み屋さんであります。中に入りますと、古い民家のたたずまいを思わせるような落ち着いた雰囲気をかもしだしておりました。

 相変わらず、ボーカルの「サクラ」さん、素敵でありまして、本日は「おへそ」が見えそうな出で立ちでのステージでございます。なかなか、お似合いでございました(^^)

 ライブは、1部と2部の編成でありましたが、後半の2部ではなかなか珍しい歌を披露してくれます。

 小生が到着した時間が遅かったせいでもありますが、座った位置がいまいちでありまして、大きな柱の前でございまして、すきまから覗くような形でライブを見ることにあいなりまた。

b0062214_0545323.jpg


 こんな感じでございました。

 前半でございますが、「彼女はカリオカ」「ジェット機のサンバ」「メディテーション」「思いあふれて」「黒いオルフェ」と名曲が続きます。相変わらずいい感じでございます。
 ここででございます。ボーカルの「サクラ」さん、小生が見ている後ろの方までマイクを持ち「ウェイブ」を歌いながら出張して参ります。小生の真横でございました。(^^)
 これだけで「ラッキー」と思っておりましたが、突然であります!「サクラ」さん、小生の席の横に膝を落とし、小生の顔から全くの至近距離で歌ってくれるではありませんか!目と目が合い、彼女の吐息が感じられるほどの距離。小生、夢ごごちでやんした~
 にゃはは ♪   
 ありがとうございました~(^_^)v

b0062214_152263.jpg


 後半の2部でございますが、今回はちと雰囲気を変えております。いきなり「冬のソナタ」をハングル語で歌うのです。「サクラ」さん、ポルトガル語、ハングル語、英語となんでもござれですな~ それも、トックスボサノヴァバージョンですので、めったに聴けませんです。

 そして、ナット・キング・コールで有名な「スマイル」をポルトガル語で歌うは、ユーミンの曲まで飛び出すはで、前半と比較しまして、なかなか味のあるシチュエーションでございました。
 その合間には、バックを務めるオヤジ3人衆での「ショーロ」の演奏が光ります。また、ギターの「TaTa」さんの独奏には、ゆったりとした広がりが感じられまして、落ち着きますです。はい!

 そして、ラストには「イパネマの娘」そして、童謡の「ふるさと」で締めくくります。

 今夜は、なかなか眠れないかもしれませんな~
 ぬはは ♪
[PR]
by sinsama2 | 2006-05-21 01:17 | 映画・音楽