人生今後とも楽しく生きるための糧


by sinsama2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2006.3.5 春のウェイブ

 やっとこさ春めいて参りまして、暖かい土日が続いております。土曜日の夜には、JR四日市駅前にございます、「フルハウス」というライブハウスに行って参りました。
 出演者の方々は、小生のお気に入りの地元バンドであります、ボサノヴァユニット「TOKS」でありました。今回は、ボーカルの「サクラさん」のMCタイムが大変多くございまして、誠に楽しいライブとあいなりましてございます。

 曲目は、前半と後半合わせまして、15曲ぐらいはやっていただいた記憶があります。中でも、「彼女はカリオカ」という曲でありますが、ブラジルのビーチを感じさせる曲であり、サクラさんも昔ブラジルに滞在されていた頃「ほとんどトップレス状態」の水着で海岸を楽しんだ?とのことをMCでおっしゃっていたような・・・・・・

 そして、「ウェィブ」であります。なぜか「サクラさん」は、四日市港の波を思い出すとか・・・・・
続いて、有名な「コルコブァード」でありまして、「ウッディさん」のベースソロが光ります。
ボサノヴァの王道の曲「ジサフィナード」と「想いあふれて」の2曲で前半を締めくくるのであります。

 後半に入りますと、まずはギタリストの「タタさん」のショーロの演奏、そしてパーカッションの「ササキさん」がギター伴奏をしての演奏が続くのであります。「ササキ」さんのギター演奏は初めておめにかかりました。ギターもなかなかの凄腕でございました(^^)

 そしてでありますが、ボーカルの美人「サクラさん」の登場、ナットキングコールで有名な「スマイル」をなんと、ポルトガル語で歌うんですな~「スマイル」のポルトガル語バージョンは初めて聴かせていただきました。
 その後は、スタンダードの名曲「星に願いを」「ムーンライトセレナーデ」「悲しみにさよなら」と続き締めくくられましてございます。

 春のウェィブを感じさせられた夜でございました。

b0062214_23284695.jpg


 下の写真は、「ガンザ」といいまして、お客さん皆に配布していただき、演奏側とお客が一体となってライブを楽しめる、「シェイカー」のようなものであります。
 ヤクルトの容器での、トックス特製の楽器でございます。

b0062214_23322482.jpg

[PR]
by sinsama2 | 2006-03-05 23:32 | 映画・音楽