人生今後とも楽しく生きるための糧


by sinsama2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2005.9.10 JOHN COLTRANE

慎之介のお勧めの一枚「ジョン・コルトレーン」のBALLARSであります。
 このアルバムは、名盤とちまたでは言われております。コルトレーンのテナー・サックスの哀愁たっぷりのメロディーがこれからの季節にぴったりでは?と、個人的には思います。
 アルバムでのメンバーが凄いです~「McCoy Tyner」のピアノ、「Jimmy Garrsion」のベース、「Elvin Jones」の情緒的なドラミングに惹きつけられます。

1 Say It 夜一人でこれを聴きますと、ほつと致します。
2 You Don't Know What Lover is(恋を知らないあなた)
  1941年のミュージカル映画の「凸凹空中の巻」で使用されている音楽
3 Too Young To Go Steady
結構この曲ですが、TVのいろいろなバックでも流れています。しっとりとした曲。
4 All Or Nothing At All(すべてが無か)
   1943年に、シナトラがミリオンセラーを出した曲であります。
   「半分だけの恋なんて、ぼくには何の魅力もない。・・・・・・・
   すべてをくれるのでなければ、何もいらない。」という激情的な歌なんです。
5 I Wish I Know
これも、秋の夜に聴くと、気分が落ちつきます。
6 What's New(おひさしぶりね)
これも名曲です。「お久しぶりね!調子はどう?」てな具合で、女性のVO
   が歌っていることが多い曲です。「ヘレン・メリル」が好きですなー
7 It's Easy To Remember
8 Nancy    
   
  これら、8曲のバラード名盤であります。

b0062214_1453588.jpg
   
[PR]
by sinsama2 | 2005-09-10 14:54 | 映画・音楽