人生今後とも楽しく生きるための糧


by sinsama2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2005.3.20 アルパム紹介(FIRST in LOVE)

 「朝本千可さん」、最近は良く、雑誌やTVにもお見受けして活躍されております、サックスプレイヤーでございます。この方、1987年に日本では初の女性プロサックス奏者としてアルバムを出しておられます。

 名古屋の南山短期大学から、アメリカのクレアモント大学に心理学専攻として転入された才媛でありまして、とっても美人なんです!その後、パークリー音楽院を卒業され、帰国後には、音楽界を始めとしまして、あとらこちらで大活躍をされているとか・・・・

 アルバムも、数多く出されておりまして、最近では「ソプラノ・サックス」を演奏されております。
ソプラノ・サックスともなりますと、かなりの肺活量が必要とされるのでは?と思うのですが、綺麗な音で演奏しております。

 千可さんの、最新アルバム「FIRST in LOVE」であります。聴いておりますと、Jazzのアドリブ奏法は、ほとんどと言っても良いほど、なされておりません。メロディー重視という形での演奏でありまして、癒し系の、ゆったりと聴くアルバムでは、と思います。

 「FIRST in LOVE」
1 Time after time
   ご存知、「シンデイー・ローパー」の名曲を、しっとりと演奏しております。
2 Field of gold
  33歳の若さで癌で亡くなった、「エヴァ・キャッシディ」が歌っていた曲でしょうか?
  アコースティック・ギターとのコンビレーションが素敵であります。
3 I Still Billieve
  あの、「マライア・キャリー」が歌い込んだ曲だと思うのですが・・・
  哀愁漂う、ピアノの演奏とのマッチングが素敵です。このアルバムの中では、
  小生気に入っております。
4 A Song OF Love
  オリジナルのラブソングでありまして、バックで歌っている、いぶし銀の男性ボーカルとのサックスの絡みがよろしいかと思うのです。
5 It's too Late
 「キャロル・キング」が歌っております、ソウルフルな曲であります。
  唯一、黒っぽいピアノの演奏の中でのファンキーなサックスの音色が致します。
6 Country
  オリジナル曲なの否か不明なのですが、落ち着いた大人の音色が感じられます。
   また、ソプラノ・サックスの高音域の音色が光ります!
7 Besam Mucho
  ご存知、有名な「ベサム・ムーチョ」でありまして、小生の大好きな曲の一つでもあります。なぜか、「アート・ペッパー」の演奏と比較してしまいます。
  こちらは、ボサノバっぽいアレンジがなされております。
8 Over the rainbow
  「虹の彼方へ」という名曲。ミュージカル映画の「オズの魔法使い」で知られております。
   ゆったりと、伸びやかに演奏されております。
9 Redemption Song
  「ボブ・ディュラン」の安らかな名曲だったような気がしますが?
  これも、アコースティック・ギターとソプラノ・サックスとの良いコンビレーションです。
10 Overjoyed
  「スティービー・ワンダー」の曲であります。演奏のテンポは、「スティービー」とは、
  全く異なりまして、ピアノとのしっとりとした仕上げになっております。
11 Last in Love
  この曲も、オリジナルの曲か否かは、小生には不明であります。
  でも、どこかで聴いたことあるような曲なんですが・・・思い出せません!
  アコースティック・ギターのきらりと光る演奏部分が好きです。
12 「冬ノソナタ」Piano+Sax バージョン
  女性のかなりの方々は、大変良くご存知でありまして、コメントは控えます!

b0062214_15552297.jpg

[PR]
by sinsama2 | 2005-03-20 16:16 | 映画・音楽