人生今後とも楽しく生きるための糧


by sinsama2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2010.10.2 ミニ国家のおはなし

 本日でございますが、我が家のドラ息子が通っております、京都の某大学が、父兄等を対象といたしました、講演会と就職活動等の説明がございまして、数ある会場の内、名古屋での催しに、奥さんと一緒に参加いたしました。

 午前中が講演会ということで、外国語学部の教授先生が、「ミニ国歌国家のおはなし」と題しましたお話しでございます。なかなか、内容的に面白いものがありまして、世界には、194の国がありますが、中には人口100万人も満たない、ミニ国歌というものが43カ国存在しているとか。
 それらの、ミニ国歌の中には、その小国性をハンディとせずに、むしろ武器として国際社会にて、したたかに生きているという内容でございました。

 世の東西には、小国家を賛美する思想もあるようなのでございます。先生曰く、中国の老子の思想には、「小国寡民」という、「国は小さく、民は少なくあるべし。」という思想でございまして、国家は拡大の為、歴史は戦争に血塗られており、小さな自分、僅かな物で事足りるとすることが、誰もが幸福に暮し、平和を知る原理だとしています。
 また、ギリシャの賢人は、都市国家こそが理想の国家と主張されていたようでありまして、大国は専制政治となり民は不幸となると言われていたとか。

 ヨーロッパでは、ご存じバチカンという国がございます。人口にしてみれば、1000人にも満たないのでありますが、カトリックの総本山という位置づけもございまして、世界的な影響力はとても大きなものがございます。
 モナコなんぞは、国営カジノが当たりまして、とても有名でありまして、国民は無税とか。そのおかげで、ヨーロッパの大金持ちが移住しているとのことでございます。

 また、ミニ国歌の中で、多くは、小さな島国だということでありまして、「ツバル」という国がとても面白いものがございます。海抜4m程度の島国でありまして、地球温暖化により水没する一番最初の国だとも言われておりますが、その国がとても面白いことで利益を得て、国歌としての体裁を整えているとか。

 インターネットのおかげで、「ドメイン名」をビジネスに利用しているとのこと。ドメイン名とは、日本であれば、ネットのアドレスの末尾に「jp」という決まり記号が割り振られているのでございますが、なんと、ツバルの場合は、末尾が「tv」とのこと。

 これを世界のテレビ曲が黙って見てはおりませんなぁ~ アメリカのとある会社が、ツバルから、このドメイン名を、70億円という金額で使用権を購入し、その会社が、各国のテレビ曲から使用料を得ておりまして、日本のテレビ曲も使用しているところがあるようです。

 その70億円で、ツバルは発電施設やら、さまざまな施策をなしているとのことであります。

 そのほかにも、色々とお話がございました。就職活動等の説明につきましては、明日UPしますかねぃ。。。

 (^。^)y-.。o○
[PR]
by sinsama2 | 2010-10-02 20:49 | その他ボヤキ等