人生今後とも楽しく生きるための糧


by sinsama2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2009.11.16 歴史的風致

 歴史的風致とわ !     なんだか小難しそうな言葉であります。

 「地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律」という法律が平成20年に制定されておりまして、法律曰く・・・・・

 地域におけるその固有の歴史及び伝統を反映した人々の活動とその活動が行われる歴史上価値の高い建造物及びその周辺の市街地とが一体となって形成してきた良好な市街地の環境(以下「歴史的風致」という。)の維持及び向上を図るため、文部科学大臣、農林水産大臣及び国土交通大臣による歴史的風致維持向上基本方針の策定及び市町村が作成する歴史的風致維持向上計画の認定、その認定を受けた歴史的風致維持向上計画に基づく特別の措置、歴史的風致維持向上地区計画に関する都市計画の決定その他の措置を講ずることにより、個性豊かな地域社会の実現を図り、もって都市の健全な発展及び文化の向上に寄与することを目的とする・・・と、第1条に規定されておりますが。

 なんだか、判ったような、判らないような。。。^^

 ということで、本日でありますが、仕事の関係での、現地研修なるものに参加して参りまして、滋賀県にございます、彦根市まで行ってきたのであります。

 彦根の歴史的風致とは、まず、大名文化の継承であります。彦根は、徳川幕府初期から、井伊家35万石の城下町でありまして、伝統芸能や伝統行事が多く展開されているとのことであります。彦根城博物館を中心として上演されます、「能・狂言」や、幕末のあの井伊直弼が興した茶の湯「石州流」の茶会などの歴史的活動も多いとのことであります。

 また、彦根城とともに発展しております城下町が、現在の彦根市の中心市街地を形成しておりまして、武家屋敷・町屋敷・寺社が巧みに配置されたまちなみが、現在の人々の生活の中で脈々と引き継がれております。

 そしても仏壇などの、さまざまな伝統工芸や、石田三成の居城でありました、佐和山城時代から伝統的に続けられているお祭り。中山道の宿場町としての彦根の街。

 歴史的風致がたんまりと存在する街でありまして、その街興しの現場を見学してきたのであります。

 「夢京橋キャッスルロード」であります。江戸時代の景観を新たに復活させた街並みでありまして、彦根市の景観条例により、統一した景観を保つための建築制限がなされております。

 観光客を一番集めている街でもあります。

b0062214_2201363.jpg


 四番町スクウェア地区であります。彦根の台所と呼ばれておりました、市場商店街が、大正時代の建築意匠を取り入れて、区画整理の事業により、新たに生まれ変わった街であります。

 なかなか渋い商店街であります。

b0062214_2261778.jpg


ケヤキ並木で有名であります、芹川沿いの堤防であります。芹川とは、昔、彦根城が築城された際に、お城の外堀の代わりとして、従来流れていた川の流れを変えるため、新たに掘られた川とのことであります。
 このケヤキでありますが、彦根城築城当時に植えられたものでありまして、樹齢400年とのこと。悠久の歴史を感じさせる景色であります。

b0062214_22104890.jpg


 お城まではさすがに行く時間はありませんでしたので、遠くから天主を撮影いたしました。

b0062214_22115721.jpg


b0062214_22121459.jpg


それにしても、寒かったですなぁ~

 (^。^)y-.。o○

 
[PR]
by sinsama2 | 2009-11-16 22:12 | その他ボヤキ等