人生今後とも楽しく生きるための糧


by sinsama2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2009.10.6 KAWABUN NAGOYA

 名古屋の料亭で、「河文」といいますと、尾張徳川家の料理人を務めた初代・河内屋文左衛門から数えて現在に至るまで12代も続く名古屋最古の老舗料亭でありまして、400年も続いている老舗中の老舗であります。

 本日は、小生が幹事を務めての会社の宴会がございました。さすがに、料亭の河文では、予算的に無理であります。なにせ、夜の会席料理が最低2万円であります。実は、この河文さん、2008年より、料亭の隣に洋風のお店をオープンしておりまして、本日はそちらで宴会でありました。

 KAWABUN NAGOYAというお店でありまして、基本的にはイタリアンとのことであります。本日の料理でありましたが、まずは、「3種類のイタリア産ハムとキノコのマリネ」でありました。あっさりとした食感であります。

 次には、「秋ごぼうのクリームスープ」でありまして、ごぼうとジャガイモのソテーをブイヨンと生クリームで仕上げたものとメニューには記載されておりました。兄上殿のお店のスープと互角の味わいでありました。

 そして、「秋刀魚と秋茄子・奥三河トマトのブリッジ」でありましたが、これが、かなり硬めの食感でありまして、イマイチでやんしたなぁ~

b0062214_22503849.jpg


 そんでもって、「鮮魚のグリル赤ワインブィネガーのソース」であります。メニューには、にんにく、ケッパー、アンチョビ、赤ワインヴィネガーを合わせたソースは、隠し味に赤とうがらしを少し効かせています、と記載されております。まあ、あっさりとして旨いのでやんしたが、はっきり申し上げて、兄上殿のお店の方が旨いですなぁ~

b0062214_22574944.jpg


最後に、肉料理でやんすが、「仔牛のソテー、キノコのマルサラワインソース」でやんした。メニューには、しっとりと柔らかで脂肪分の少ない仔牛のソテーに、甘酸っぱいマルサラワインとフォンドボーを煮詰めてバターで仕上げたソースをかけています、と記載されております。まあ、それなりに旨いですなぁ~

b0062214_2315435.jpg


 後は、パンとカフェ、ティラミスで仕上げでやんした。上司からは、素敵なお店でセットしてくれてありがとう。なんて、ご機嫌さんでありましたなぁ~

 こんなお店であります。 (^。^)y-.。o○

b0062214_2343521.jpg

[PR]
by sinsama2 | 2009-10-06 23:04 | その他ボヤキ等